スイスに住んでいる日本人からみた今の日本・・

 久しぶりに夜中、スイスに住む日本人友達とYahoo Messengerで会話をしていました。それでスイスと日本がどっちが住みやすいかという話になり、その人はダントツにスイスのほうが住みやすいという話になりました。

 もはや、スイスの物価から見れば日本はなんでも安いという感覚があるようで、日本のほうが住みやすいのでは?と思ったのですが、なんといってもスイスの人間は大人で日本人は年齢が上でも子供のような考え方を持つ人が多いという話になりました。

 まず、日本では近年、政治家が自殺したり、身内の人間が家族を殺したり、子供が切れやすい性格になったり、これはなぜなのか?将来の夢を個人個人が持っていないことなのでは?という話になりました。

 現在私自身、就職活動をしているのですが、会社を調べてみたら2chなどで悪い情報だらけ!実際友達にもこの会社はやめておけと言われるほどの会社が日本にたくさん存在しています。例えば、宗教の息のかかった企業、10年働いても月収20万円台、単なる詐欺師(商品先物業界)などなど・・・なんだか日本政府が失業率の増加を懸念して潰せなかった悪徳企業(パチンコ業界も)が今も多数存在しているような印象が私にはあります。

 また、いまだに大企業もたくさんある日本なのですが、大きな財政赤字で国民が努力しても日本はよくならないという考えを持たせてしまったのではないでしょうか?つい最近までは、日本の借金、日本国債の信用力はアフリカのボツワナと同じレベルでした。日本の経済界はその事実に反発したようなのですが、私は妥当な評価に聞こえました。

 前から思っていましたが国際協力をするのであれば、まず日本のホームレスからなんとかすべきだと思います。私の知っている限りではオーストラリア、ドイツなどは生活最低水準の失業保険が生涯もらえるそうです。また、アメリカではThe Salvational Armyというホームレース保護施設も充実していました。

 人間からして、スイス人と日本人にも大きな差があり、スイスに限らずヨーロッパの人は初対面の人に挨拶ができる人が多く、年寄りに席を譲るのが当たり前の社会なのですが、日本ではかつて友達が年寄りに席を譲ろうとしたら「私がそんな年寄りにみえるの??」って怒られたこともあるそうです。

 その日本人が持った細かい無意味な常識がそのスイスに住んでいる日本人はダメだと言っていました。また、日本は売春が違法なので、一般人が実際売春婦になっている人が多数いるという印象があるようで、現実的に売春婦の需要は大きくあるので合法化して一般人と区別をつけるべきだという意見も出てきました。

 また、日本人の中には外国人に対する大きな偏見を持つ人もいまだに多く、ヨーロッパではアフリカ出身のジプシーと呼ばれる不法入国者がいるのですが、あるヨーロッパ人はジプシーには悪い人もいるがすべて悪い人ではない!という人種で人を判断していないんだという大人の考え方を持つ人がたくさんいる気がします。

 それに比べ日本は、自分の意見を出してはいけない国、集団になると悪くなる傾向になるグループが多い気がします。また、テレビの影響が強いのか、非現実的な考え方を持つ人も多く、血液型で人を判断するひと、霊感などを信じる人、占いに依存しすぎてるひとなど根拠もないことをまじめに信じる人が多いのも日本人は子供のような考え方という意見が出された要因かもしれません。

 最近ではソニーというブランド力が韓国のサムソン電子に抜かれたらしく、日本は世界にいらない国になりつつあるのかもしれませんね?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です